身体の中から改善しよう

 
どんなに質の良い睡眠やマッサージを受けても疲労感が抜けない。と感じる方に考えられるのは「必要な栄養素が足りていない事」です。

忙しいと食事をおろそかにする日が多くなり、栄養が不足してきます。栄養が不足すると疲れやすくなり、気力も落ちてきます。

ですからなるべくバランスのとれた食事が必要です。その中でも、ミネラルやビタミンを含んだ食品をバランス良く摂りましょう。
 
 

ビタミンB1

 
エネルギー源をエネルギーに転換する時に必要となってくる栄養素です。体内に長時間とどめておく事ができない為、こまめに補給することが必要となってきます。

 ビタミンB1を多く含む食品
豚肉  ウナギ  卵  レバー  豆類  

 
ビタミンB1を効果的に吸収させる為には「アリシン」という成分を含む食品を同時に撮る事をおすすめします。アリシンを含む食品と同時に摂ると新陳代謝や疲労回復効果が期待できます。

 アリシンを含む食品
玉ねぎ にんにく にら

 
 

ビタミンC

 
ビタミンCを含む食材は抗酸化作用が強く、ストレスを受ける事で生まれた体内の活性酸素を取り除く働きが期待されています。
すっぱいと感じるものはクエン酸が入っており疲れた時にスッキリとさせてくれます。

 ビタミンCを多く含む食品
アセロラ 赤ピーマン  レモン  ゆず(果皮)  グレープフルーツ

 
 

ミネラル

 
ミネラルは身体の臓器や組織のいろいろな反応を円滑に働かせる為に必要なものです。こうしたミネラルは身体の中で作りだす事が出来ない為、食物から摂り入れます。
特に旬の食材には栄養素が高くなりミネラルをはじめとする栄養素が含まれているので積極的に摂るようにしましょう。

 ミネラルを多く含む食品

牡蠣  豚レバー  木綿豆腐  あさり  納豆
たらこ くるみ  海藻 切り干し大根

 
 

サプリメントを有効に使おう

 

忙しく、食事を気にしている場合じゃない方はサプリメント(栄養補助食品)を活用しましょう。
多くの栄養成分が配合されているプロテインなどを摂り入れても良いでしょう。
 
 

飲み物も大切

 
体への吸収が早く水分補給としても適している飲料を飲む事も大切です。
十分な水分補給は老廃物を除去し、身体の細胞を生まれ変わらせる効果が期待されるといいます。

 おすすめ
お茶(ほうじ茶・麦茶・ハーブティ)  お水  お酢

 
お酢は水分や炭酸水で割ったビネガードリンクで飲むのがおすすめです。

※腎臓・肝臓などの疾患で水分摂取に関する制限のある方は自分で判断せず医師の指示に従って下さい。